プロフィール

みき

  • Author:みき
  • 1にひなかりん、2にテニス、3,4がなくて、5にチョコレートが好きっ(^-^)v
    現在のリュウシゲの順位・・・不明っ!

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ことテニスに関しては意外と恵まれた環境にいたと思う。
約7年前、初めてテニスに興味を持ってから周囲の人や環境にもそこそこ恵まれていたからこそ、飽きっぽい私が、常に好きでいられたのだろう。
最初の数年はなぜか練習が一番好きだった。くる日もくる日もボールを打っているだけで楽しめるという、今思えば考えられない状況。
3年目からは積極的に試合に出るようにした。といっても在住している区大会がせいぜい。どんな試合がいつ頃あるとか全く情報がないせいもあった。
当たり前だが、最初のうちは出れば負け、予選通るのが奇跡みたいなものだった。試合の前日は充分な睡眠もとれず、お腹も壊し、よくそれでテニスできたなと我ながら感心する。
しかし、あるときから急に緊張せずに試合を迎えられるようになった。きっかけはいまだにわからない。それと同時に、勝敗も勝ちの方が多くなってきた。
なんにでも当てはまると思うのだが、技術の向上、精神面の強さ、粘り、体力・・・それぞれに少し上昇を感じると、すぐに次の段階への壁にぶち当たる。その壁も年々と厚く高いものへと変わる。
去年からは、定期的にスクールにも通い始めた。体力が衰えてくる分、なんとしてでも他の面をアップしなければ、向上はありえない。
最近ではようやくテニス仲間もでき、試合会場でも1人ポツーンとなることはなくなった。
23日は今年最後の混合ダブルスの試合。スクールで知り合った方と初めて組んでのエントリーとなった。どんな試合かも知らずに、エントリー費が無料というのにつられて参上・・・
会場に友達夫婦がいたので、話をしていると、彼女達も同じ混合にエントリーしていた。慌ててドローを確認すると山が上下に離れていたので、決勝戦までは対戦することはない。
何が苦手って、友達と試合することくらい嫌なことはない。試合が始まれば、どれだけ相手の嫌なところに返球して、どれだけ決められるかの勝負。そんなことを身内としたくない。

かなりの組数があり、朝9時からトーナメント方式の試合が始まった。1回戦、2回戦、3回戦・・・順調に勝ち進む。最初は待ち時間に友達の応援にいったりもしていたが、残り組数が減るため、自分の出番とも重なり、友達の状況もよくわからなくなっていた。そして準決勝で勝ってコートをでると友達夫婦がニコニコして見ていた。手を振ると「みきちゃんたちと当たるねー」と笑顔・・・え゛っ?マジ?一番恐れていた状況・・・

夕方5時、決勝戦、あきらかに私の集中力は落ち、足は止まっていた。2人とも私がテニスを始めたばかりの下手っぴぃな頃も、嫌な顔ひとつせず練習につきあってくれた友達だ。
集中しなくてはいけない箇所にもミスを連発し、終われば8-3と惨敗。試合後の握手のとき、ふたりは選手の顔から元のにこやかな顔に戻り「みきちゃん、上手になったねー」と声をかけてくれた。
私はどうだったのだろう、ちゃんと試合中は選手の顔だっただろうか・・・顔がひきつって思わずうつむいてしまった。
IMG_3847.jpg



またひとつ大きな課題が残ってしまう一日だった。
スポンサーサイト
コメント

みきさんすごーい!今度見に行ってもいいですか?もちろん、息子を連れて・・・
ここ2週間旅行のためテニススクールを休んだ息子。
今週末こそ!とおもったら、テニススクールから電話が来て「今週末は休校です」だって。がーん!
日々上手くなっていく息子を見るのが楽しくてたまりませーん←親ばかです。

◆ちとぷ母サン◆
いやいや、全然スゴクないんですわ。
決勝戦で負けると、テンション、下がる、下がる^▽^;
決勝までに試合数かなりこなしているから、体力的にはすでに限界で、最後の最後で負けると精神的にドーンってくるし・・・
準決勝で負けて、3位決定戦で勝って帰る方が気分的にスッキリできるんですけどね。

ジュニアの成長は目を見張りますね。
初めてラケットを握った子たちが、2.3ヶ月で試合形式の練習もできたりしてますからね。
今年の全日本で勝った女の子はまだ15歳です。
コウヘイくんもぜひぜひ羽ばたいちゃってください!!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。