プロフィール

みき

  • Author:みき
  • 1にひなかりん、2にテニス、3,4がなくて、5にチョコレートが好きっ(^-^)v
    現在のリュウシゲの順位・・・不明っ!

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12月4日、在住する区大会の女子ダブルスの本戦があった。残念なことに(?)予選を勝ち残ってしまい、ひなこの七五三にいけなかった・・・涙
朝9時、シゲに会場に送ってもらった時点で雲行きが怪しい。多少の雨や雪で中止になることはまずないので覚悟してのぞまなければならない。っていうか寒すぎ・・・寒さにとことん弱い私は、重ね着と使い捨てカイロに包まれて、会場IN。
手袋で指の怪我を隠し、パートナーには何も言わずに乗り切る予定だった。痛み止めと化膿止めの薬を飲んで試合に入った。相手は球を散らすタイプの攻めだった。足はこの時点ではなんともなかったので、前後左右ほぼ完璧に返球した。ボレーのグリップチェンジがスムーズにいかず、ドロップの長さも角度も調節できないので、私にしてはめずらしくストロークで勝負した。相手がいくら打っても決まらないので先にあせってミスしてくれたので助かった。6-3で勝利。最後に握手するとき、気をつけていたが、人差し指が触れ「ウゲェっ」と変な声がでてしまった。コートを後にするとき、パートナーに「どこか痛いの?」と詰め寄られる。ごまかそうとするが、右手を触られそうになったので、正直に白状する。自己責任だから、恥ずかしくて言えなかったとごまかしたが、責められることはなかった。でも何も言わずに次の試合からサーブの順番を変わってくれた。正直、サーブのときも負担がかかり毎回後ろで「ヴっ」とうなっていたのだった。
途中から振り出した雨は止むことなく、降り続いた。準決勝は6-4で勝利。
決勝の相手は、予選で同じチームだった人たち。予選の時はうちのチームが快勝。優勝候補と言われていた相手チームはノーマークだった私たちに負けたので、相当キテいたらしい。(後日談)
雨は止むどころか、いっそう勢いを増し、寒さのため雪も混じっているようだった。ボールはどんどん重くなり、時間が経つにつれ私の足はいつものごとく悲鳴をあげだす。痙攣寸前だ。相手の責めは明確、つなぎ役のパートナーに球を全て返球し、決め役の私の手の届くところには一切ボールを出さない。
ここで無理をして陣形を崩してしまったら相手の思うツボだ。なんとかパートナーに粘ってもらうしかない。これまで精度の良かったストレートやロブにミスが出始める。当たり前だ。試合が始まってからというものの、私のところにまともにきた球なんて3回しかない。ほとんど2対1の戦いになっているのだから。
これが嫌で、ダブルスを敬遠した時期がある。でもこれがダブルスだ。この責め方だって立派な戦略だ。結局私のサービスゲームをキープしたのとひとつのブレイクだけ。6-3で完敗。
決勝戦なだけに同じクラブの友達が大勢応援してくれていたが目の前で負けてしまった。(ちなみにシゲは雨が降っていたので表彰式が始まる前まで車で待っていた・・・おいっ)
IMG_3928.jpg

私が落ち込んでいると思って友達も気を使って声をかけてくれたが、こんなことで私がへこたれるわけもなく「来年までの1年間、相手が成長するよりも私の方が余裕で全然成長するから。次やって負ける気しないし。」とのたまう私に「みきちゃん、つぇーっていうかこぇー」と感嘆(?)の声をあげられるのだった。
また来年もテニスを卒業できそうにない。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。