プロフィール

みき

  • Author:みき
  • 1にひなかりん、2にテニス、3,4がなくて、5にチョコレートが好きっ(^-^)v
    現在のリュウシゲの順位・・・不明っ!

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の午後、テニスの練習中に人に怪我させてしまった。
一瞬にして場の空気が凍った。
私も手や足がガクガク震えて、泣き叫びそうだった。
傷が目に近く、とてもではないが素人の手におえる状況ではなかったので、すぐに救急車が呼ばれた。

たまたま近所に住む人だったので、保険証を持ってきてくれた息子さんと一緒に救急車に乗り、搬送先の病院に向かった。
「一生、目に不自由が残るようなことになったらどうしよう。」「この先、テニスができないなんていうことになったらどうすればいいんだろう」不安と恐怖で涙がでてきた。

ERで診てもらっている間も、中学生の息子さんの不安をなだめられるようなことは、一言も言えなかった。
待っている時間は、たぶん10分位だったとは思うのだけど、私には一時間にも半日にも思えた。
しばらくすると、搬送してくれた救急隊のおじさんが、私の顔をみつけ、「大丈夫、目はなんともなかったから、消毒が終わったらすぐ帰れるからね」と私の肩をポンポンとたたいてくれた。
ほっとしたのと同時に涙がまたボロボロでてきて、トイレにかけこんだ。

それからすぐに、傷に絆創膏を貼ったSさんがニコニコしながら戻ってきた。
受付にいき、会計を待っている間、落ち込む私に「心配かけて悪かったねー」とか「自分も悪かったんだから、気にしちゃだめだよ」と何度も声をかけてくれ、どちらが加害者で被害者だかわかんない状況だった。

目の傷があと2ミリずれていたら、まちがいなく眼球を傷つけてしまった。
今回は本当にたまたまなんでもなかったから、よかったものの、この数十分間生きた心地がしなかった。
正直、テニスをするのがものすごくこわくなった。
次の試合で、思いきり打てるかどうかもわからない。
ペアに迷惑をかけられないので、今、エントリーしている以外、しばらく試合にでるのはやめようと思う。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。