プロフィール

みき

  • Author:みき
  • 1にひなかりん、2にテニス、3,4がなくて、5にチョコレートが好きっ(^-^)v
    現在のリュウシゲの順位・・・不明っ!

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日、数ヶ月ぶりに兄から電話がかかってきた。
私にとって、この兄の存在はめちゃくちゃ大きいものだった。

私は子供の頃、身体が弱く、生まれつき足が悪かった上に(今は両足手術済だから、普通に走れるよ)姉より10歳も年が若く、両親にも余裕ができてからの末娘だったため、周りの誰もが私を甘やかしていた。
しかも私は、それを子供ながらに感じ取ったのか、悪魔のような幼少期を過ごしていた(らしい)。 これは本当に全く記憶がないころの話である。
我が家では父親の権力が偉大で、父親が決めたことには家族全員絶対服従であった。
その父親が決めたことで、姉も兄も、否応なくピアノを習わされていた。
私が2歳になった頃、やはりピアノの先生が我が家にやってきたらしいのだが、私は大泣きして「いやだ、いやだ」と先生を追い返し、両親をあきらめさせた。そのため、いまだに「ネコ踏んじゃった」しかひくことができない。

また幼稚園の入園の年、母親から長時間離れることを拒んだ私は、入園拒否。っというより、また泣き叫んで父親をあきらめさせたらしい。というわけで、私の最初の学歴は小学校である(このときもひともんちゃく起こしたらしいが、義務教育だったため、無理矢理引きづられていった・・・らしい)
絶対であるはずの父親の「鉄拳制裁」も末娘の「涙」には勝てないことを悟った私は、とんでもないわがままな娘にと成長していった。

しかし、物心がつくころ、唯一の壁が存在した。それが兄だ。
兄だけには、私のわがままは通用せず、それどころか、毎日のように両親に「みきに甘すぎる」と説教しつづけた。
私のウソ泣き、仮病は、兄だけには毎回見破られ、厳しくしつけられた。(もしかしたら普通だったのかも?)
しかしそのおかげで、私の中に存在しなかった「忍耐」「ガマン」「努力」を植え付けられた。
兄がいなければ、私は友達もいない、ただのひきこもり女になっていたに違いない。
そういう意味では、私は兄に多大の感謝の念をもたなければならないのだが、私が留学から戻ると、すでに兄は1人暮らしを始めており、結婚してからはもっと疎遠になってしまっていた。

そんな兄からの久々の電話。
兄は私が毎年受けている検査の結果をしきりに聞いてきた。
最近は数値は全くといっていいほど安定していたため「大丈夫」と答えるとほっとしていた。
聞けば、兄は退院したばかり、病名は亡くなった母と同じものだった。
一度発病すれば、この先、一生抱えなければいけない大変な病気だ。
今の医学では、人工透析以外の治療はない。
電話の最後まで、自分のことより、私の検査を年二回にしろだとか、疲れるのが早くなったらすぐ病院にいけとか、人の心配ばかりしていた。
子供の頃、私に一番厳しく、大嫌いだった兄が、実は一番私のことを考えていてくれたのではないかと感じた。
スポンサーサイト
コメント

自分のことより可愛い妹の心配を・・・。優しくって素敵なお兄様ですね。
そんなお兄様の愛のあるスパルタ教育(?・笑)のおかげで、今の心優しいみきさんが存在するんですね。お兄様、グッジョブです~♪
みきさんも定期的に検査を受けられているんですね・・・忙しい毎日だとは思いますが、体調の変化等、気を付けてお体を大事にしてくださいね~。
みきさんが病気したら、ママ命のひなかりんりゅうぽんが泣いちゃいますから~☆あ・しげさんもね~(笑)

◆JOJOサン◆
本当に子供の頃は「鬼」にしか見えませんでした。
毎日のように、怒られ、ののしられ(大げさ?)
でもそのおかげで、今、得られたものがたくさんある気がするので(気づくのが遅かったですが)感謝してます。

運動神経抜群で、身体が強いと思ってた兄が病気だなんて信じられないです。
私みたいな、根性のない人間の方が意外にしぶといのかも?

ママ命なのは、ひなかりんだけで、リュウポンは私を恐れているだけです^^
シゲが私がいなくなって困ることより、私の方がシゲがいないと困ることの方が明らかに多いので、シゲより長生きはしたくありませぬ。

おにいちゃんっていいよね。。。
私にも二人おにいちゃんがいます。
昔っから喧嘩ばっかりだったんだ。
そんな上の兄貴はころっと死んじゃった。
今、もう一人の兄貴がkouheiをかわいがってくれているけど、きっと上の兄貴が生きていたらkouheiのことを溺愛しただろうなぁ・・・って思うの。
kouheiのしぐさが兄貴にそっくりだったりするとなんともいえない。
おにいちゃんって・・・いいよね。
みきさんもおにいさんも体に気をつけてね。
これから寒くなるから風邪も注意よ!

素敵なお兄様ですねぇ。優しい兄や姉って憧れなんですよねぇ!!
みきさんの事をとても大事に思ってらっしゃるんでしょうね♪

ウチは、私が生まれる前に姉二人亡くなってしまってるんです。。。
なので、姉が居たら。。。とたまに妄想したりしますぅ。

今は弟が2人が居ますが、あまり使えません~。。。あはは



◆ちとぷ母サン◆
うーん・・・大人になって後から思ってみればなんだけどねー・・・
本当に、子供の頃は「兄ちゃんがいなければぁ」と本気で思ってました^^;

身近だった人が亡くなったときの年を自分が越えるときってなんだか不思議な感覚ですよね。

ちとぷ母さんも亡くなったお兄さんの子供のときの思い出があるから余計にkouheiくんに重なるのかもしれませんね。

兄が重病人になったことがいまだに信じられません。
兄は私と違って、自分からは決して弱音をはかない人間なので、何が自分にできるのか考えながら助けていきたいと思います。

◆きららサン◆
弟さんがふたりも???
でも弟さんたちは、きららサンのこと頼りにしているのかも!
私は、末っ子のせいかなんなのか、自分が一番下という状況にいるのがダイスキで、常に年上の人たちの中で行動していたので、自分に弟とか妹とかいるのは信じられないです^^
ドラマとかみていると、子役が母親に「妹が欲しいよぉ」なんていっていますが、ああいう場面になったことないし(それより「妹も弟もいらないからっっっ」といったことはあるような?)

もしきららさんにお姉さんがいたら・・・
美人3姉妹で、お父さんは大変だったんじゃないかなー^▽^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。